スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いままでのまとめ

まわりに流されず、まわりと比較せず
自己の本質を知ることが(これは結局「本質」とか真理とか置き換えてられて結局宇宙そのものですよね)
大切だと仏教も池田さんも言ってますよね。
ていうかそれがすべてだと。
特に池田さんなんかはまずそっからじゃないと何も始められないと
そして提示している方法が
池田さんは考えること。
仏教は考えないこと(瞑想)
ぼくもいままでなんとか生きてきて、
そして人と比べなければ、そもそも生きてこれたことが
まんざらじゃない。
でも、はっきりと論理的に考えること(特にこっちはできません。
つながることだと思うんだけど、片づけができないんですよね。
それは発想の段階から。
でもそのことが豊かなものづくり、に発展させられる可能性はあると思うけど
と、考えないこと。(瞑想の方法で)
どっちも超足りてないです。
ていうかただ
ぼーっと、(特に思春期からは、その嵐に流されるままに
ただ茫然と生きてきました。
山仕事がある時期仲間に恵まれて心地よかったのは
その、原始的な共産性にはありましたね。
そこに自分を沈めてしまいたった
なにか矛盾を感じてもいたけれど
自分の可能性のようなものをかき消してしまいたかった。
ただ、細かいことは言わず、助け合って、生きて行ける場所に
自我?資質?なんでしょう、とにかく沈められていきてゆければ
よかったんです。
そこで死ぬまで生きてもよかった。
でもそうはならなかった。
その後も必死で山の仲間探しを続けたけど
まるでみすかされたように
もう、山での仲間にはたどりつけなかった。
仲間ではなくって、仲間たちですかね。
いい人はいたから。
そのうち怪我をして。
でもどうやって、
考えたらいいんだろう。
考えない方法はいいやりかたばたくさんあるということは察しがつくし、
そっちは練習次第で自分には向いていると思うんだけど。
考えることか。
考えれば、ほとんどの悩みは意味のないことだと
悟れるといいます。
悪い意味で、考えないことと
比較してしまうこと、
池田さんのいうサルや、仏教の畜生が
しみついていますね。
でも、考えられない私がすこしでも考えられた。
そう、認めてあげるとして
ということは本を読むことは、少しは効果がありそうなので、
あきらめないで続けてみましょう。

Leave a comment

Private :

Comments

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09 11
リンク
最近のコメント
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。