スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カウンセリングマインド

和製英語らしいですがカウンセリングマインドという
言葉があるそうです。気になったのでさくっと調べたのですが、
まぁ内容は、そういったことなんですが
その中で、自分の感情をコントロールできること
という一文があり、今の自分にとても必要なことだと思うのですが
とてつもなく大変なことにも思えます。

Leave a comment

Private :

Comments

自分の感情をコントロールしている気はしてるのですが・・・
でも、時々爆発しないといけないのではないかとも思えます。
でも、そんな勇気も持てずに過ごしていたりもします・・・
バランスの難しさに悩んでいるのです。
Posted at 2012.10.25 (21:34) by 工房ゆあ (URL) | [編集]
カウンセリングマインド、自分の感情をコントロールすることが主体ではなく「自分の感情をコントロールして押さえつけている人」を話し易く、発散し易くさせる術じゃないかなと思えます。
聞き出す力と、受け入れる姿勢ですね。
自分で我慢に我慢していると思っている人がこれ以上我慢して「聞こう・受け入れよう」とするのは危なくないかな、とお二人のコメントを読んで重いました。
通りすがりにすみません。
Posted at 2012.10.29 (12:34) by 綾女 (URL) | [編集]
ゆあ様
ゆあさんはご夫婦ともいつも周りに大変に気を配ってくれて
感謝です。v-16
そういったご理解のあるお相手がいれば時には感情の流れるまま
ふるまってしまってもいいと思いますよ。
別にまぁご理解もなくてもいいかとも思います。
ゆあさんならすでに許される範囲は相当広いんじゃないかと思います。。。
てゆうかそれが逆に?よりよい関係をはぐくむ時もあるのではないかとも
思いもします。。。
すいません。難しいことを書こうとするとうまくまとまりません。。。
Posted at 2012.10.29 (17:37) by つくるん (URL) | [編集]
綾女様
コメントどうもありがとうございます。v-16
無知は上に言葉も足りない文に助言をいただきありがとうございます。
カウンセリング的な立場で人の話を聞くときに
(まずこういった表現をすることがとても恥ずかしいというのがあるのです。そしてご指摘の主体のほうの内容を「そういったこと」としてまとめてしまっています。)
なるべく自由にストレスなく、話し手の感情やひいては心を開放させてあげるために、
その関係性、その内容によっては
激しく動いてしまう聞き手の感情のふるえを
相手に伝えないために
いかにコントロールできるのかな?
そもそもそれは
「ある関係性のとき」
意味のあることなのかなといった意味のメモ書きとしてこれは書きました。
山口から帰ってきたら後篇を書く予定ということもあり
そして私のくせとしてわざとかくしてしまったりということも
無意識にあったかと思います。今までの経験上
この日記を読んでくれるかたに甘えにもにた信頼があるからだと思います。
自分にはよりわかってもらいたいがために
なんかややこしくしてしうことがあるようです。
それがでも自分なりの表現における誠実さを求める結果なんです。。。
綾女さんはクラフトの方でしょうか?
そういったことに詳しい方とお見受けしましたので
家に帰りましたら、本編のほうもつたないことばではありますが
書いてみようかとおもいますので
また是非おはなしをきかせてください。
正直なところただただコメントをしていただきたくて
この日記を書いています。
通りすがりの貴方の素敵さに感謝します。
Posted at 2012.10.29 (18:01) by つくるん (URL) | [編集]
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10 12
リンク
最近のコメント
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。