スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旨みポップ

ポップということは
すごく重要なキーワードなんですよね。
ただ、ポップというだけで興味を失う方もいらっしゃるんですよね。
その方の中では俗っぽいことにつながるというか、、、
デザインは微妙な差が決定的だなということも思います。
ほんの1ミリの差が65点になるのか85点になるのか決まってしまう。
ただポップということにとらわれてしまうと
その差は全然見えません。見えない場合もあるんでしょう。
可愛いということばも
幅が大きいですよね。
可愛いということは言われることがあるのですが
このまえその可愛い言う意味をかっこいいという表現をしていた
若い男性がいらっしゃいました。
なんかはっとしたんですよね。
コクの深いポップ、というものをどうやら
自分は今目指しているようなのですが
コクの深いシンプルというものも勿論存在していて
手縫いでやってたころはむしろそちらを目指していました。
たまに手縫いの商品の在庫を並べてみたりすると
新鮮だったり。
そしてその前にだけ立ち止ってくれる
お客様も新鮮だったり。
ただよかれあしかれ素材に依存というのは言い過ぎですが、もしくは素材を切り取る力のようなものが
構成力というよりも、よくそんなことを行ったりする人がいますが
素材の声を聞くセンスというか。
そういったことが
大きな部分を占めるような。
だからもし良いものができたとしても
まだこんなことを始めたばかりの今の自分には危険なのかなとか、
コンプレックスということもあり、
刺激ともいえますが、
そんなことを考え始めると
ただただ新作を作らなければという感じになってきて
在庫づくりのテンションがもうまったく萎えてきてしまうんですよね。。。
まぁそうはいってもそんなに新しいイメージがデザインが湧き出るわけではなく
そういった葛藤もありますが
新しい感じで切り取って縫ってしまえば
今までとは違う感じが自然にその過程で出てきてしまうことも多いもので
新しいものが出てこなくなる不安はないんですけどね。
脳というのは主語を認識できないそうです。
だから人のことを悪くいってしまうと
自分にそのイメージを植え付けてしまうということも実際あるそうです。
ましてや自分を貶めるのは何をかいわんやといことですね。
よくよく自分のことを才能がないとかセンスが無いとか人前で言ってしまうんですが
現実に日々かなりの時間をそれで費やしてしまうから
ついつい出てきてしまうんですが
少しでも商品がよくなるなら
本当に辛いことですが
せめて人前ではそんなことを言うのは我慢しようと。
何より購入してくれるお客様のために
そうは思うんですが。

Leave a comment

Private :

Comments

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07 09
リンク
最近のコメント
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。