スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その漫画について私が知っていること。
100年かかることかもしれませんが、一刻を争うことであり
たくさんの人々同様日々、なんともいえない気持ちで生きています。
はだしのゲンの閲覧制限に関してのアンケート結果を聞いて、
100%の知識がなくても、少しでも発言しなければならないという焦燥感から書いています。
残酷描写、過激表現があるからあの漫画が問題なのではありません。
デタラメな歴史観に基づく捏造と思想的な偏見で溢れているので
子供たちには見せるべきではないと思われます。
「反核や反戦思想を植えつけ、それが原発や軍備の邪魔になるから
制限するのだろう、都合の悪いことに蓋をするな」
という意見がありましたが、無知の上に小さく小さくまとめられた上で、逆だと思います。
あの漫画には書かれていないことが多すぎるのです。
戦後、むしろ体制側といっていい、いわゆるサヨク(その他いろいろ)と呼ばれる”反”日本
の人達にとって、都合の悪いものに大きく蓋をしているのがあの漫画です。
作品として非常に優れているのでその効果は絶大です。
世界最古の国、日本は終戦を境に分断されています。
戦勝国(そして日本だったはずの国によっても)に好き勝手に歴史を書き換えられました。
全ての戦争責任をかぶせられました。
想像を絶するほどの改ざんが世界中にむけて発信されました。
その、いわゆる自虐史観に誘導する洗脳工作は
マスメディア、教育、司法など様々な分野で今も強力に推し進められています。
その捏造史観にどっぷりつかってあの漫画は描かれています。
図書館や図書室にあったので子供の頃何度も読みました。
胸の中に戦争の悲惨さが大きく刻まれるとともに、
何かとてもえげつない感じをうけました。
その中には当時その言葉は知りませんでしたが、罪悪感という気持ちがあったと思います。
子供たちは敏感です。
少年誌では人気がでず、連載は早々と打ち切られました。
子供たちに見放されたあとゲンを支えたのは(文字通り買い支えられた意味もふくめて)
共産党であり、日教組です。
もともと共産党はコミンテルンの日本支部として発足しました。
戦後直後はその思想がまだ色濃く残っていたのではないでしょうか
日教組はGHQが日本から国家観や道徳観を奪い去るため作った組織です。
反御皇室、反国家、などの思想で溢れているその漫画は彼らにとってとても都合にいいものだったことでしょう。
一番許せないのは、実際に経験したわけでもないのに、
日本の軍人さんのありもしない蛮行が描かれている点です。
あの場面は日本人が虐殺された「通州事件」を逆転させて日本人がした虐殺だとしています。
通州事件をいわゆる南京虐殺に置き換えた中共のプロパガンダは今や常識です。
(いわゆる南京大虐殺は、「史上最悪の戦争犯罪であり、人種差別、殺害思想に基づく人体実験だった原爆投下」を相殺するために、発明されたものです。史実には存在しません。いわゆる従軍慰安婦にしてもそうですが、存在
しなかったことなので、いくら探しても証拠がでてきません。安倍総理に歴史観が欠如しているのではありません、安倍総理の歴史観が戦後日本にとって豊穣すぎるのです)
自国のおこした虐殺を他国がしたことに置き換えるおぞましい発想がそもそも日本には
理解できないからそのプロパガンダを鵜呑みにしてしまったのかもしれません。
でもそれが世界に向けて発信されているのです。不勉強だったで済まされることではありません。
英霊の皆様がそこまで貶められるのが許せません。
開国以来列強に振り回され、すさまじい侮辱、屈辱のもと
家族のため、国のため、東アジアのため、アジアのため、有色人種のため、
必死の努力を続け、命がけで戦ってきた国が
様々な列強の陰謀によって戦争に引きずり込まれ、
最後には虐殺の限りを尽くされ、そして今なお国家国体を破壊され続けています。
しかし極東の小さな島国が立ち上がったため
人種差別に基づく大虐殺の上に成り立っていた白人による植民地支配は終わりました。
世界地図は大きく塗りかえられました。

図書室で罪悪感を感じたのは当たり前です。
将来、自国に誇りを持たぬよう、子供たちに罪悪感を植え付けるため
学校の図書室に置かれているのですから


Leave a comment

Private :

Comments

どうも、お久しぶりです!
何か、あの本は、色々都合が悪い事は
左巻き巻きの人達で描き替えられて
出版し直してるってのも聞きました。
僕は全く呼んだ事が無いんですよね。
だって小学校の頃
気持ち悪くて触るのも嫌だったかです・・・笑

知り合いと話してたら読まなくてもいいし、
今、大人になって本当の歴史を知ってから
読んだら面白いかもって言われました。
ヌググ・・・
では駒ヶ根で!!!
Posted at 2013.08.25 (21:12) by makoto (URL) | [編集]
makotoさん♪
おいらももう20年近く読んでいないと思うけど、
とってもおもしろいんですよ。。。
まぁでも今思うと、そんなことだったんだなぁなんて、、、
これも中学生のころだったでしょうか?
石坂啓というとんでもない人の慰安婦漫画を読みました。今でもいろんなシーンを覚えています。
絵は無意識に残るような気がするから、より強力ですね、、、
それにしてもイデオロギーのために手段を選ばずという手法が恐ろしい。人殺しさえしてしまうのだから子供の洗脳くらい、たいしたことはないのですかね。。。
本物の左翼思想ならまだわかる気がします。
反日イデオロギーの得体の知れないおぞましさが
本当に日々恐怖です。。。v-16
とはいえまぁ気楽にやってます
またね~
もみじの誰もいない歌声喫茶交流会いいよ~
今年もやるのかな。。。
Posted at 2013.08.26 (08:41) by つくるん (URL) | [編集]
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
04 06
リンク
最近のコメント
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。