スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜の木のぼりvol.11「なんとなくサヨク・ぼくらの祖国」





青山繁晴さんの硫黄島に関しての動画です。
何かが憑いたような、
熱気溢れる講話です。
ぜひ見ていただきたいです。

私は1年前までなんとなくサヨクでした。
歴史や政治にほとんど興味がなく、
なんとなく反原発(危険な話、のころから)
なんとなく君が代が好きになれない、
戦争は悲惨。憲法9条って誇るべきものなの、、、?
なんとなくなんとなく、なんとなくサヨク、、、
命懸けで日本のために闘っている政治家がいる、だなんて
もし聞いたとしても「嘘だろ」
44年間そんなふうに生きてきた。
だって、知らなかった。
今思うと、知らないということの罪深さに胸が痛みます。

ブータン国王の演説と、自民党総裁選時の安倍総理の発言と、とある方の忠告で
リアルな世界に落ちました。
そう、突き落とされたような感じですね。

第2次対戦でドイツとは同盟国でありながら
世界で唯一ユダヤ人差別に反対したのが日本です。
数万人のユダヤ人を救った東条英機さんがいわゆるA級戦犯?
平和に対する罪?
世界はひとつの家族という神話の世界から続く
日本の道徳観、八紘一宇。
人種差別の撤廃を大義として
私たちの祖先は国を守り
亡くなりました。

アベノミクスがどうしてそれほど大切なのか?
だって夢の第一歩じゃないですか。
2673年の中での68年という歴史を背負い、
素晴らしい可能性のある方が総理大臣じゃないですか。
こんな私が言うのもなんですが
いつの日か主権国家として独立する、そんな日本を見たいじゃないですか。
見てもらいたいじゃないですか。

Leave a comment

Private :

Comments

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10 12
リンク
最近のコメント
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。