スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜の木のぼりvol.12「ずる休み」



小学生の頃のずる休み。
あれはよかったですね。
微妙な罪悪感とその裏に隠れた
かなり充実した安堵感。
雨でも降れば
もっとよかった。
人生がときにずる休みでも、
「開いている窓」を通り過ぎることができれば
それで100点。

Leave a comment

Private :

Comments

僕は、小学生の頃それを出来ずに、大人になった今、少しその気分を味わっています。男子でした
Posted at 2013.09.12 (11:44) by 工房ゆあ (URL) | [編集]
男子さん♪
そうですか。v-16
でも私がここで言った微妙な罪悪感なるものを
もし感じていたらそれは否定した方がいいと思いますよ。でもまぁ、人生でしていいずる休みを50周くらいしてしまった私がいうのもなんですが、ていうかそんな人もいますので、まぁ一所懸命働くことも大切だとは思いますが、心からリラックスして休むということも難しいものですから、ちょっとずる休み。にしてしまうのも、どっちからも逃げることができていいのかもしれません、、、もうこの際、何を言ってるのかわかりませんが心からずる休みを満喫してしまうと、思っちゃうのも、とりわけ、いいひと、にとってはもしかするとベターなのかもしれません。。。
Posted at 2013.09.12 (18:45) by つくるん (URL) | [編集]
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09 11
リンク
最近のコメント
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。