スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜の木のぼりvol.16「脱走と追跡のサンバ」



現在開発中、2014期待の新シリーズ「ロボレス」です。。。
たくさん作ってロボレスグランプリを開催いたします。。。

市民プラザありがとうございました。
思わぬ盛況で、よい流れの中、年を越すことができそうです。
富山に始まり(アートマーケット)富山で終わった1年でした。
思えば富山に来なければこんな仕事は始まりませんでした。

この前買ったばかりの今年の予定表が去年の予定表になりつつあります。
気が付けばもう来季の応募が続々と始まっています。
有名なクラフトフェアがたくさんかぶる4月の第3、私たちは山口に遠征することとなりました。
それにしてもはやっ。

高校生の頃のはなしですが
脱走と追跡のサンバという小説をおもしろおかしく読みました。
よくは覚えていないのですがこんな話でした。
今の自分は何かが違う
昔の自分はもっと生き生きしていた。
どこかで道を間違えた。
そこまで戻って
いきいきとした自分を取り戻そう。
脱走してやる
そして、脱走の途中で追跡されるんです。
でも気が付くと追跡者はもう一人の自分だった。
たしかそんなようなはなし。。。
結末はどんなでしたか、、、?

当時はおもしろく読んだのでしょうが
今はとても、そうは読めないでしょうね。

仮に「脱走」として、
まぁ「引っ越し」でもいいのかもしれないし、
「乾布摩擦」でもいいかもしれません。。。?
脱走として、
必死で追いかける、すがりつくといってもいいかもしれません、、、
追跡者の存在を感じます。
それはでも、私自身が作り出す幻影なのだろうし、
ただの言い訳なのだろうし、
「脱走と追跡のサンバ」そのものが
「サンバ」なのだという
定義もあるんだろうし、
、、、
ただ今の気分では
日々の地道な習慣(たいそうな言い方をすれば努力のようなもの)が
脱走と追跡のサンバから
脱走できる方法なんだと
そう
覚悟しなさいと。。。

ていうか努力が足りないんですよね。
ただナマケモノなんだよね。。。

ので!
4年目でしたが、年々。
ふとんをかぶって寝ているひまが短くなっております!
夫婦共々本当にありがとうございました。
もしよかったら、来年も1度だけ
脱走と追跡のサンバを
聴きにきてはいただけないでしょうか、、、

よいお年を~(お正月浜松のホテルで出店します。。。

Leave a comment

Private :

Comments

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
03 05
リンク
最近のコメント
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。